日々のこと、おいしかったものなど、書いていきたいと思います。


by aisyutmk

若者ことば


最近、というかずーっと前から思っていたこと。
(でも勝手に思ってるだけなんで、何の参考にもなりません)
昨日のランチでもしゃべってたんですが^^

この辺の若者ことば。
私の住んでいる地域はカリビアン系キッズが多いです。

基本的に、ここらの若者は

~yeah(それがやで)、~man(やろ)!
~yeah(それでやで), ~isn't it(せやろ)!

と、yeahは接続詞で文の真ん中に必ず入り、
文末はこんな感じ↑で終わります。

若者たちはとーっても早く話すし、彼ら独特のアクセントがあるんで、
はっきりいうて私はyeahとか、manとかしかきこえへんのです(爆)
そやけど、おもしろいくらいに決まって絶対使ってます(笑)
時々ほんまにヒップホップのラップに聞こえたりします。
そして身振りもラップっぽいから余計おもろい。

ぷぷーっ!

と、一人でうけてます(笑)

職場の若い子らがしゃべってたのを聞いたら、
どういう違いでposhな英語かそうでないのかが決まるかといえば、
要はTの発音をするかせーへんか。らしい。

でも落とせるTと、落とされへんTがあるらしくって、
基本的にTT(ダブルT)は落とせるらしいです。(詳しいことはわかりませんけど)

たとえば、better, butterなど。
発音せーへんので、ベアーという風に聞こえたりします。
Notthingham出身の子は、ノッティンガムとはいわれへんっていうてて、
ノッィンガムとしかいわれへんっていうてました。

ほんで、dishyという言葉はposhな子しか使えへんねやとか。
dishy manやって。初めてききますた。

英語って奥が深いわ・・。

トランスレーターの友達(イギリス人)に語らせると、
言葉遊びができるのはやっぱり母国語だけやと
いうてました。

変にスラングを使おうとせんとつまらんかもしれへんけど、
スタンダードにしゃべったほうが無難やでって。

彼がおもしろい例を出しておしえてくれたけど、
やっぱりlinguistのいうことは違うわぁー。
私も間違えそうになる間違い!
こういう間違いは電車に乗ってても聞かれてるのね(笑)と、反省。
興味深い話でした。

イギリス生活3年半ですが。
英語は奥が深いです。。
[PR]
by aisyutmk | 2011-06-06 00:35 | London